理想のマイホームのために

人生で一度あるかないかの大きな買い物である新築一戸建てですが、失敗をしない為にも購入前はしっかり考えて悩みましょう。 一度購入してしまったら簡単には変更や転換ができないので、失敗はしたくないですよね。 日本の住宅市場では値上がりは期待ができないので、買い替えや売却は大きな損失になり兼ねません。 しかし、この人生一度きりの大イベントにもかかわらず、「賃貸だと毎月家賃を払わないといけないし、だったら家を買った方がいいよね」等の理由で2、3軒だけ見て簡単に家を購入する方が多いのです。 「見過ぎたら、あれもいいこれもいいで迷ってしまって決められなくなる」という意見も耳にしますが、あくまでもそれは「売る側」として「早く買ってほしい」と考えている人の都合でもあります。 家具や家電と違い、リスクの高い買い物になりますので少なくとも5軒は見て決めた方が賢明でしょう。 新築マンションを、と考えている場合でも中古物件や一戸建ての物件も見てみると考えも変わることもあります。 一番初めにもったイメージがすべてではないので、じっくりゆっくり見ていくことが失敗をしない為の第一歩になります。 また、見学や質問をしたりするときに購入者側が遠慮をしてしまう方が多いようですが、遠慮をする必要はないのです。 大きなリスクを負うのですから、何度見学しても、分らない事はどんなことでも質問してよいのです。 リスクを負うのは、不動産会社でも建設会社でもない購入者のあなた自身なのですから。 不動産会社もそれに応えていくのが仕事なのですから、遠慮はしなくてよいのです。 日本人はどうも他人に遠慮しがちですが、これだけ大きな買い物で失敗はしたくないですから、遠慮し過ぎては理想のマイホームは作れません。 質問・相談・要求、これはきちんと伝えていくべきです。 ただ、「遠慮をしない」のと「マナーを守らない」ことは全く違いますのでそこを注意してくださいね。


▲ページトップに戻る