家つくり要チェック

実際に家を建ててみて、そのあとに気が付く事という部分もあります。 やはり、イメージはしっかり出来ていても実物を見ないと分らないということは多々あると思います。 価格や立地、設備や間取り、どれもこれも良く考えて納得して購入したはずが、住んでみて初めて「これは失敗だったかも」と思う部分の例をいくつかご紹介します。 日本には四季があり、それぞれに気温や湿度も違ってきますよね。 今は、「夏涼しくて、冬暖かい」なんて文句もあるくらい家を建てる時にもそういう設計を選ばれる方も多いと思いますが、昼間に外出となると窓もカーテンも閉め切って家をでますよね。 夏は蒸し暑くなり、冬はキンキンに冷え切ってしまう……そんなことがあります。 いくらクーラーをかけてもなかなか温度が下がらない、エアコン代も高くなる、冬は寒さで風邪もひきやすいですし、部屋ごとで温度差があるとヒートショックを起こしかねません。 設計の段階で気を付けていても、住んでみないと分らない部分ですよね。 季節の話をしたので、もう一つ冬場に気が付く事ですが、みなさんは冬になると窓に結露があるのを見たことがありますか? 古い家等に住んでいる方は「窓の結露なんて当たり前じゃないか」と思う方が多いのですが、今は断熱性能の良いガラスがありますので結露がない家もあります。 結露が出てしまうと、壁紙がはがれやすくなったり、壁やカーテンがカビてしまったりするので、もし結露が出てしまうようであれば「失敗だったかも」と思ってもよいでしょう。 また、家具の裏や隙間等の見えないところにもカビが生えていて驚いた、という話も耳にしますが、壁の中の断熱が出来ていないとカビが生えやすくなります。 家具や大きなものを置くと、その裏や隙間は空気が停滞しやすくなりますのでカビが発生しやすい場所でもあります。 これこそ入居してみて初めて発覚!ということが多いですので、家を建てる際の注意点のひとつでもあります。 こういった部分もありますので、業者としっかり確認をしながらすすめていけるとよいですね。


▲ページトップに戻る