家を買うタイミングの難しさ

「家を買おうと決めたはいいけれど、時期や年齢も考えた方がいいのかな」と思われると思いますが、ここでは購入にあたってどういったことについて考えていけばよいか少し見ていきたいと思います。 まずは、自身で就いている仕事について考えねばなりません。 転勤がある人もいると思いますし、その転勤が単身赴任を前提としているのかどうかにもよってきます。 今では、昔と違い新築の家のほとんどが購入後には値下がりをして行きます。 時が経てば経つだけ、20%30%値下がりしていくのは珍しくなく、これは昔とは違い住宅価格が値上がることを前提としていないからなのです。 なので、簡単に買い替えが出来るものではなですし、買い替えの可能性が高い人は購入の時期を考えていかなければいけないのです。 お金についてももちろん考えていかなければなりません。 初めて買った家にずっと住み続けるにしても、自己資金の問題というのは年齢や購入時期に影響してきます。 ローンを組んで購入する場合、少ないまたは早期返済をするほど金利負担が少なくて済みますので、自己資金が少ないのであれば同じ金額の住宅を購入しても借入するローンの金額が多いと負担が大きくなりますが、資金援助を受けられる状態なら早めに家を買うチャンスがあると考えてよいでしょう。 ローンのお話を少ししたので、完済年齢についてですが、金融機関によって異なってはきますが住宅ローンは最長で35年の期間であることが多いです(フラット35なら80歳)。 例外もありますが、それ以上の期間は組めなくなっていますが、この条件であれば45際までは35年のローンが組めるのですが、それが良いのかどうかはそれぞれになってくるでしょう。 現代では20代、30代にとって将来の年金収入は不安に思っている人が多いでしょう。 年金生活になっても住宅ローンを支払っていくのは厳しいものですので出来るなら現役の内に完済してしまいたい、そうなってくると自己資金の兼ね合いもありますが早く購入して早く返済していった方が有利かと思われます。 こういった面を考えて購入を検討していきましょう。


▲ページトップに戻る